SCN,月刊SCN vol.103

トレカ&ゲーム市況 9月度

株式会社メディアクリエイト様

Share on Facebook

2014年度9月度(9月1日~9月28日)

トレカランキング9月

ゲームソフトランキング9月
■本レポートの著作権は(株)メディアクリエイトに帰属します。

ゲームハードランキング9月

 

【TVゲームランキング】

注目タイトル『大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS』は137.6万本を販売し期待通りの好調なスタートとなったが、10月に新規ハードの発売を控えていることもあって、既存ハードへの牽引効果は限定的なものにとどまった。PS4は『Destiny』発売週に同梱版含め2万台以上のハードを販売したものの、こちらも牽引効果は一時的なものとなっている。前年同月と比較すると3DSハードの減少が著しく、10月のNew3DS(+LL)が更なるハード普及を促すカンフル剤となるかどうか注目される。
10月は前述のNew3DS(+LL)、および同時発売となる『モンスターハンター4G』の動きが大きなポイント。前年発売の前作実績にどこまで迫ることができるか、ハードとソフトの相乗効果に期待したい。

【TCGランキング】

TCG市場全体が前年割れのまま停滞気味のなか、「遊戯王OCG」は引き続き好調を維持。新商品に加えて過去ユーザーをターゲットとした15周年記念商品の需要も高く、安定して高いシェアを獲得している。7月以降販促施策の強化が目立つようになった「マジック:ザ・ギャザリング」は、新商品『タルキール覇王譚』が人気カードの再録をきっかけとして大ヒットを記録。前年の『テーロス』、前々年の『ラヴニカへの回帰』のいずれも大きく上回るスタートとなっている。

10月は「バトルスピリッツ」、「バディファイト」でレギュラー拡張パックが発売。「デュエルマスターズ」でも今後各メディアで推していく新ギミックを搭載したセット『三段変形!龍解オールスターズ』が発売される。いずれのシリーズも、直近の停滞期を脱出するようなヒットが求められている。

株式会社メディアクリエイト様

 

メディアクリエイト様のご紹介
メディアクリエイト社はテレビゲームビジネスに特化した情報提供機関として1994年に設立され、同分野に関する調査研究、コンサルティング、出版、データ配信などを手がけておられます。TCG市場データの提供は2010年より開始され、テレビゲーム同様に、市場データを駆使しての分析には定評があります。
※サンプル配信が可能※使い勝手を知っていただくために、無料でサンプル配信が受けられます。メディアクリエイトHP上にございます、お問い合わせフォーム(http://www.m-create.com/contact/)よりお気軽にお申し込みください。

この投稿者の記事一覧はこちら

コメントをどうぞ

月刊SCN vol.137の記事

サクセスチェーンニュース(SCN)とSCNメルマガのご案内

SCNは毎月1回(月末)当社とサクセスチェーンに関する最新情報をネットマガジンとして公開しています。
登録いただきますと最新号の公開時にメルマガ形式で最新号の内容をダイジェスト(圧縮版)で指定アドレスにお届けいたします。

各記事の要約と各ページへのリンクがメールで届きますので、是非ご登録をお願いいたします。

メルマガ配信のご登録はコチラ