CARDBOX,SCN,月間SCN vol.117

2015-2016年トレカ市場の見通し

営業部 カードボックスチーム マネージャー 中島 裕介

Share on Facebook

 いつもお世話になっております。カードボックス事業担当の中島です。年末を間もなく迎えるということで、今年から来年に向けてのトレカ市場について簡単に総括してみました。

 近年のトレカ市場は2011年に1000億円を超えたのをピークにしばらく縮小傾向の局面にありました。昨年、2014年は787億円といわれております。今年、2015年は昨年対比を105%~110%で推移しており、着地予想としては、850億円の見込みです。理由としては、遊戯王とデュエルマスターズが好調であったことがあげられ、2タイトルで売上シェアは全タイトルの50%。2強時代となっています。

 また、MTG(マジックザギャザリング)の人気復活やアニメで人気のウィクロスの貢献が非常に高い年となりました。以下のデータをご覧ください。以下、メディアクリエイトデータ調べ。

Sales
(株)メディアクリエイト様月次リポートより引用

  来年、2016年は年明け早々に㈱ブシロードから「ラクエンロジック」という新しい作品がリリースされます(華野の記事を参照ください)。アニメにも力を入れているのでかなりの期待感をもっております。

 結論としては、2016年はハイエイジ向けのトレーディングカードゲームを中心に2015年の勢いそのままに進んでいくものと思われますので、期待感をもって年末・新年の商戦を迎えたいと思います。

Share
(株)メディアクリエイト様月次リポートより引用
 ※一部加筆しております

■カードボックス店舗実績※昨年対比

【新品】
遊戯王・・・121%
デュエルマスターズ・・・105%
MTG・・・127%

【中古】
遊戯王・・・133%
デュエルマスターズ・・・121%
MTG・・・173%

店舗平均実績も大きく昨年を超えています。

営業部 カードボックスチーム マネージャー
中島 裕介

この投稿者の記事一覧はこちら

コメントをどうぞ

月刊SCN vol.134の記事

サクセスチェーンニュース(SCN)とSCNメルマガのご案内

SCNは毎月1回(月末)当社とサクセスチェーンに関する最新情報をネットマガジンとして公開しています。
登録いただきますと最新号の公開時にメルマガ形式で最新号の内容をダイジェスト(圧縮版)で指定アドレスにお届けいたします。

各記事の要約と各ページへのリンクがメールで届きますので、是非ご登録をお願いいたします。

メルマガ配信のご登録はコチラ